東京都- 精神保健福祉法の関連書類309件を紛失

不注意 個人情報漏えい

東京都は、中部総合精神保健福祉センターにおいて、精神保健福祉法に基づき、都内の精神科病院から提出された一部届出書類を紛失していることを発表した。

都の説明によると、紛失したのは 2010年度から2013年度にかけて都内の精神科病院から提出された精神保健福祉法の関連書類で、「医療保護入院者の入院届」「医療保護入院者の定期病状報告書」「措置入院者の定期病状報告書」などの届出書類うち、記載事項の不備により病院に返送扱いとなった一部書類を紛失したもので、病状など含む患者の個人情報が記載されていた。

2014年6月に、不備により同センターが返送した届出書類の一部が、そのまま都内の病院内にあるとの報告があり、調査を行ったところ、複数の病院において再提出が確認できていないことから事故が判明したもの。

同センターで紛失したと思われる書類を調べたところ、2015年3月9日までに一部が発見されたが、38の病院であわせて309件が所在不明となっており紛失したと思われると説明している。

都は、同センターまたは病院内で廃棄された可能性が高いと説明している。