新潟県立新発田病院- 入院患者や職員の個人情報を流出

その他 個人情報漏えい

新潟県立新発田病院は、入院患者454人分の個人情報が記録されたパソコンを紛失し、個人情報が流出したことを発表した。

同病院に説明によると、病棟で使用している事務用のパソコンが紛失していることに3月29日 職員が紛失に気付いたもの。
前日9時ごろまでパソコンの所在は確認されていることから、その後紛失したものと思われる。

同パソコンには、2013年8月から2015年2月までの間に病棟に入院していた患者454人の氏名、病名、入退院日、病室の出入り状況などと、病棟の看護職員38人の氏名、住所、電話番号、生年月日および最終学歴及び、会議資料などが入っていた。