ロート製薬- 株主情報が漏洩、他社 株主情報も漏洩の可能性

その他 個人情報漏えい

ロート製薬は、株主向けメルマガ配信サービス「株主倶楽部」に登録された株主338人分の個人情報が流出した可能性があることを発表した。

同社の説明によると、4月7日に株主から投資勧誘のメールや電話があったとの報告があり、情報流出の可能性が明らかになったもの。
4月9日時点で同サービスに登録されているのは、株主338人の氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなどで、これらの情報が何らかの原因で漏洩した可能性がある。

これまでもサンリオ、アルデプロ、トランスコスモス、ゴルフダイジェスト・オンラインなど、インベスター・ネットワークスの運営する株主向けウェブサービス「株主ポイント倶楽部」を導入している企業の株主に身に覚えのない勧誘のメールなどが届いていた。

インベスター・ネットワークスでは、5社合計で1万4667人の情報が漏洩した可能性があると説明しており、原因を調査している。