大阪府泉南市- 児童手当通知書の裏面に他人の住民情報

不注意 個人情報漏えい

大阪府泉南市は、一部児童手当額改定通知書の裏面に、住民基本台帳の情報など関係ない他住民の個人情報が印字された状態で送付をおこない、住民の個人情報11件が流出したことを発表した。

同市の説明によると、通知書を印刷する際、個人情報が記載された廃棄予定の裏紙に通知書を印刷し発送していたもの。
個人情報の誤記載があった通知書は29件が発送され、重複分を除くと11人の個人情報が流出した。
通知書の裏には、他住民の住民基本台帳や住民税課税台帳、児童扶養手当管理台帳などに関する情報が印刷されていた。

通知書を受け取った受給者からの連絡で、事故が判明した。