東京電力- 個人情報含む原子力損害賠償請求書を紛失

不注意 個人情報漏えい

東京電力は、原子力損害賠償に関する請求書を紛失し、賠償請求者などの個人情報が流出したことを発表した。

同社の説明によると、2014年2月 福島原子力補償相談室の従業員が賠償請求者から預かった財物賠償の請求書一式を紛失したもの。
4月13日に、請求者が補償相談センターの窓口で進捗状況について問い合わせを行ったことで紛失が判明した。
書類の捜索をおこなったが発見されなかった。

紛失した書類には、請求者を含む5人の氏名や住所、請求内容が記載されていた。