生損保3社- 元代理店関係者から契約者情報が流出

不注意 個人情報漏えい

三井住友海上火災、三井住友海上あいおい生命、日新火災の生損保3社は、代理店関係者から法人や個人顧客の契約情報が外部へ流出した事故があったことを発表した。

生損保3社の説明にとると、三井住友海上火災に対して、3月11日に顧客から問い合わせがあり、調査を行ったところ流出が判明したもの。
広島県内の代理店関係者が個人で所有するパソコンへ顧客データを保存したところ、外部から閲覧できる状態となっていた。
機器の設定に問題があったと説明している。

流出したのは、三井住友海上火災の顧客情報366件、三井住友海上あいおい生命の28件、日新火災の43件の計437件。
同関係者は、三井住友海上火災、三井住友海上あいおい生命の代理店で働いていたが、すでに退職しており、現在は日新火災で代理店主を務めているた。

流出した個人情報は、契約者の氏名や住所、電話番号、生年月日のほか、口座情報や免許証暗号、契約内容で、ケガの状態といった保険事故に関する情報なども一部含まれていた。