国立感染症研究所- フィッシング被害でスパムメールの踏み台に

その他 個人情報漏えい

国立感染症研究所は、同研究所の職員がフィッシング被害に遭い、メールのアカウント情報を奪われ、スパムメール送信の踏み台に悪用されたことを発表した。

同研究所によれば、4月16日に同研究所の職員のひとりが、ウェブメールの管理者を装ったメールに騙され、フィッシングサイトでメールアカウントのIDとパスワードを入力。窃取される被害が発生したもの。

今回のフィッシングにより、盗まれたアカウントから、約2000件の迷惑メールが送信された。メールサーバ上にあったデータの外部漏洩については否定。それ以外のシステムへの侵入や改ざんなども発生していないと説明している。