岡山県- メール誤送信で電子入札のICカード更新完了者のアドレス流出

不注意 個人情報漏えい

岡山県は、メール誤送信で電子入札のICカード更新完了者58人のメールアドレスが流出したことを発表した。

誤送信が発生したのは、県が実施している電子入札のICカード更新を完了した業者に対し、受領書の返送を依頼したメール。4月10日14時23分に、58人に対し送信した際、宛先にメールアドレスを入力。受信者全員のアドレスが受信者間で閲覧できる状態となった。

送信後に職員が気付いたため、対象となる関係者にメールと電話で謝罪と誤送信メールの削除を依頼した。