熊本競輪- HPに不正アクセス

不正アクセス 個人情報漏えい

熊本競輪は、HPに不正アクセスがあり、コンテンツが改ざんされていたことを発表した。

同競輪の説明によると、HPが改ざんされた期間は2月19日~23日で、同HP内で使用されているプログラムのFancyBoxの脆弱性を悪用しており、HPの画面上の表示されない部分に海外のHPが表示されるよう改ざんされていた。

この期間にアクセスしたPCやスマートフォンに影響があった可能性があるが、現時点では影響を確認しており、ファイルが窃取されるなど情報流出の可能性については、低いと説明している。