聖路加国際病院- 患者の個人情報がネット上に流出

個人情報漏えい 設定ミス

聖路加国際病院は、患者の個人情報含むファイルがインターネット上で閲覧可能な状態にあったことを発表した。

同院の説明によると、同院が扱うファイルにインターネット経由でアクセスできる状態になっていたことが判明したもので、2003年1月から11月の間に女性総合診療部で診療を受けた70人の個人情報が含まれるファイルが外部よりインターネット上で閲覧が可能となっていた。

同ファイルには、氏名、年齢、検査結果などが記載されていた。
同ファイルがインターネット上で閲覧可能となった原因等については発表されていない。