大阪市立大学- 学生個人情報を出張先で流出

不注意 個人情報漏えい

大阪市立大学は、教員が出張先のマレーシアにおいて、学生39人分の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したことを発表した。

同学の説明によると、教員が現地時間の1月27日21時45分ごろ、USBメモリを入れていたポーチがなくなっていることに気付いたもの。ポーチは、パスポートや航空機の搭乗券なども入れており、ズボンのポケットに入れていた。

同USBメモリには、教員が2009年に担当した講義を受講した学生39人の氏名や学籍番号、成績データなどのべ62件の個人情報が保存されていた。データにはパスワードが設定されていた。