東京都練馬区- 介護予防事業で個人情報流出

その他 個人情報漏えい

東京都練馬区は、介護予防事業として実施している「健康長寿若返り教室」参加者の個人情報を紛失したことを発表した。

同区の説明によると、1月27日に同教室の参加予定者20人分の利用申請書について紛失に気付いたもの。同申請書は、2014年12月25日、介護予防事業の打ち合わせの際に使用しており、その後の行方がわからない。

紛失した利用申請書には、介護予防事業の参加者20人の氏名や住所、電話番号、生年月日のほか、家族状況、病歴などの個人情報が記載されていた。
同申請書は、打ち合わせ終了後に委託先事業者が同社内の鍵付きキャビネットに保管することになっていたが、保管したかどうか確認できない状況であった