損害保険ジャパン日本興亜- 事故やケガの状態など含む顧客情報を紛失

不注意 個人情報漏えい

損害保険ジャパン日本興亜は、顧客情報が記載された保険金支払関連書類2729件を紛失していることを発表した。

同社の説明によると、2014年9月に秋田保険サービス第1課において、顧客情報220件含む保険金支払関連書類の紛失が判明していることがわかり、全社一斉点検を実施したところ、仙台市の東北冬季事故受付センターで2444件、水戸市の水戸保険金サービス第1課で65件の顧客情報を紛失していることがわかった。

紛失したのは、自賠責保険や任意保険の保険金支払いに関連する書類で、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、金融機関の口座情報、事故に関する情報などが記載されていた。また一部書類には事故によるケガの状況なども含まれていた。

同社は、保管期限前に誤って廃棄した可能性が高いと説明している。