朝日新聞- 子会社から新聞購読者情報が流出

不正アクセス 個人情報漏えい

朝日新聞社の子会社である朝日トップスは、購読者の個人情報が保存されているシステムが不正アクセスを受けたことを発表した。

朝日新聞の説明によると、不正アクセスを受けたのは、新聞購読の申し込みなどを受け付ける子会社 朝日トップスのシステム。
2月6日朝、システムが起動できなくなったため調査を行ったところ、不正アクセスを受けた痕跡が見つかった。不正アクセスの発信元は海外で、2014年12月中旬以降、数回にわたり不正アクセスが行われていた。

不正アクセスを受けたシステムには、2008年以降に同社主催のイベントなどをきっかけに購読を申し込んだ約5万3000人分の氏名、住所、電話番号などが保存されていた。