JETRO- マルウェア感染で個人情報が流出

ウィルス感染 個人情報漏えい

日本貿易振興機構(JETRO)は、職員のパソコン1台がマルウェアに感染し、関係者793人分の個人情報が外部へ流出していたことを発表した。

同機構の説明によると、ドバイ事務所の職員が使用するパソコン1台が、2014年9月に送られた標的型攻撃メールにより、マルウェアに感染していたことが1月30日に判明。
同パソコンをネットワークから隔離し、過去の通信ログを調査したところ、個人情報を含むファイルが外部に流出していた。

流出したのは、同事務所主催のセミナー参加者など、国内外の関係企業や個人のメーリングリストで、関係者793人の氏名、企業名、役職、メールアドレスなどが含まれていた。