東京武蔵野病院- 患者の個人情報を流出

その他 不注意 個人情報漏えい

東京武蔵野病院は、輸血を受けた患者の個人情報を含むノートパソコンを、院内で紛失したことを発表した。

同病院の説明によると、2月11日に臨床検査システムの入れ替作業終了後に、旧システムの端末として利用していたノートパソコン1台が紛失していることに気が付いた。

同パソコンには、2006年11月1日から2013年12月5日の間に入院し、輸血を受けた患者101人と、同じ期間中に外来に通院し現在入院中の1人あわせて102人の輸血履歴情報(患者の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日のほか、血液型、病名、製材名、副作用の有無と言った輸血に関する情報など)が含まれていた。