大阪市- 個人情報の書かれた医療費助成の申請書を紛失

その他 個人情報漏えい

大阪市は、医療費助成の一部申請書が、市役所内での発送、収受作業の過程で紛失したことを発表した。

同市の説明によると、10月20日から23日に西淀川区保健福祉センターに申請のあった「特定医療費支給認定申請書」9件を、23日に大阪市保健所管理課あてに送付したが、その後所在不明となっていた。

保健所が、11月28日に未申請者へ申請を勧める文書を送付したところ、申請済みにもかかわらず文書が届いたとの連絡があり、紛失が判明した。
紛失した申請書には、受診者の氏名や住所、電話番号、生年月日、保険証の番号、病名や病状のほか、受診者の家族の氏名、申請者の氏名、住所、電話番号、受診者との関係などの個人情報が記載されていた。