香川県 – 医療費申請書の誤送付で個人情報流出

不注意 個人情報漏えい

香川県は、指定難病を患う男性から提出された「特定医療費(指定難病)支給認定申請書」のコピー1枚を誤って別の男性に郵送し、住所や氏名、病名などの個人情報を流出したことを発表した。

同県健康福祉総務課の説明によると、同申請書は県内の指定難病患者から10~11月に提出を受けたもので、記入漏れなどがあったため申請者に同課職員が修正依頼文書を封筒で郵送した際、男性の申請書コピーを誤って別の男性宛ての封筒に入れて送付したもの。

封筒を受け取った男性から連絡があり、事故が発覚した。