宮城県 – 介護事業所代表者・管理者の個人情報をサイト上に誤公開

不注意 個人情報漏えい

宮城県は、介護事業所の代表者や管理者の個人情報を、誤ってウェブサイト上で9カ月間にわたり公開していたことを発表した。

同県の説明によると、ウェブサイトで公開している介護事業者の指定などに関する情報において、965事業所の法人代表者と事業所管理者1401人分の住所や電話番号などの個人情報を、2月27日から誤って掲載していた。

11月25日に、個人情報の掲載を指摘するメールがあり、問題に気が付いた。