三重銀行- 顧客情報4万件の入ったMOを紛失

不注意 個人情報漏えい

三重銀行は、本店営業部において、顧客から預かった小切手や、各種料金の納付書などの画像4万件を記録したMO(光磁気ディスク)3枚を紛失していることを発表した。

同行の説明によると、10月下旬に顧客からの問い合わせを受け、情報を記録していたMOを確認しようとしたところ、同MOが紛失していることに気付いた。
紛失したMOは3枚で、2013年10月1日から2014年9月30日の間に同行が預かった小切手や手形のほか、公共料金や税金、歳入金などの各種納付書を画像記録されたものでおよそ4万件の顧客の氏名や住所、手形や小切手の額面金額などが記載されていた。

同行では、MOを誤廃棄したと説明している。