Oracle Java – 影響が大きい脆弱性

Oracle 社が提供する JRE (Java Runtime Environment) は、Java プログラムを実行するためのソフトウェア実行環境です。

JRE には、ウェブを閲覧することで任意のコード(命令)が実行される可能性がある脆弱性が存在します。この脆弱性を悪用された場合、攻撃者によってコンピュータを制御される可能性があります。

 

——————————————————————————–

【影響を受けるシステム】

次の Oracle 製品が対象です。

  • JDK and JRE 8 Update 5 およびそれ以前のバージョン
  • JDK and JRE 7 Update 60 およびそれ以前のバージョン
  • JDK and JRE 6 Update 75 およびそれ以前のバージョン
  • JDK and JRE 5.0 Update 65 およびそれ以前のバージョン

 

——————————————————————————–

【対策方法】

Oracle 社から提供されている最新版に更新して下さい。

 


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23