SOY CMS – クロスサイトスクリプティングの脆弱性

SOY CMS には、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。

株式会社日本情報化農業研究所が提供する SOY CMS は、オープンソースのコンテンツ管理システム (CMS) です。SOY CMS には、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。


【影響を受けるシステム】

  • SOY CMS Ver. 1.4.0c およびそれ以前

ユーザが、当該製品にログインした状態で細工されたページにアクセスした場合、ユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトが実行される可能性があります。


【対策方法】

開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。