(重要) spモードメール – 作成中のメールへのアクセスに関する問題

株式会社NTTドコモが提供する spモードメールには、外部アプリケーションとの間で作成中のメールデータの受け渡しを行うためのアプリ連携インターフェースが実装されています。連携するアプリケーションを選択した時点で、受け渡しされるメール本文および添付ファイルが SD カードに保存されるため、他の Android アプリケーションからも読み取ることが可能です。


【影響を受けるシステム】

株式会社NTTドコモ

  • spモードメールアプリ rev.6100 から rev.6300 まで (Android 4.0.X およびそれ以前向け)
  • spモードメールアプリ rev.6130 から rev.6700 まで (Android 4.1 およびそれ以降向け)

【想定される影響】

不正な他の Android アプリケーションがインストールされている場合、作成中のメールの内容を取得される可能性があります。


【対策方法】

この問題を修正するアップデートは提供されません。

[使用に関する注意]
開発者によると、Android 4.1 以降向け spモードメール バージョン 6800 以降ならびに Android 4.0.X 以前向け spモードメール バージョン 6400 以降において、初回起動時に表示される利用許諾、アプリ連携インターフェースを初めて使用する際のポップアップおよび当該製品のヘルプページに注意喚起の文が追加されているとのことです。