SKYSEA Client View- 任意のコードが実行可能な脆弱性

Sky株式会社が提供する「SKYSEA Client View」は、IT 資産管理用ツールです。
「SKYSEA Client View」のエージェントプログラムには、管理機プログラムとの TCP 通信における認証処理に起因する任意のコードが実行可能な脆弱性が存在します。遠隔の第三者によって、「SKYSEA Client View」のエージェントプログラムが任意の操作を実行させられる可能性があります。結果として、任意のコードを実行される可能性があります。

開発者によれば本脆弱性を悪用した攻撃を確認しているとのことです。至急、製品開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

——————————————————————————–

【影響を受けるシステム】

•SKYSEA Client View Ver.11.221.03 およびそれ以前

——————————————————————————–

【対策方法】

開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートしてください。
開発者は、本脆弱性の対策版として「SKYSEA Client View」Ver.11.300.08h をリリースしています。

開発者が提供する情報をもとに、本脆弱性の対策パッチを適用してください。
パッチは開発者が提供する保守サイトからダウンロード可能です。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23