Microsoft Windows- リモートからコードが実行される脆弱性

2015 年 7 月 21 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが 1 件公表されています。

Microsoft Windows にリモートからコードが実行される脆弱性が存在します。この脆弱性が悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御される可能性があります。

Microsoft 社は「悪用コードが作成されて攻撃者が安定的に脆弱性を悪用する可能性がある」と公表しており、攻撃が行われた場合の影響が大きいため、できるだけ早急に修正プログラム(MS15-078)を適用して下さい。
攻撃が行われた場合の影響が大きい脆弱性であるため、できるだけ早急に最新版へアップデートして下さい。

——————————————————————————–

【影響を受けるシステム】

以下の Microsoft 製品が対象です。
•Windows Vista
•Windows 7
•Windows 8
•Windows 8.1
•Windows RT
•Windows RT 8.1
•Windows Server 2008
•Windows Server 2008 R2
•Windows Server 2012
•Windows Server 2012 R2
•Server Core インストール オプション

——————————————————————————–

【対策方法】

Microsoft 社から提供されている修正プログラム MS15-078 を適用して下さい。