Apple- Apple Watchで脆弱性

Apple発売するApple Watchにおいて、フォントファイルの過程に存在するメモリ破損により任意のコードが実行される脆弱性や、NSXMLParserの取り扱いに存在するXML外部エンティティの問題による情報流出、カーネルに含まれる複数の脆弱性によりサービス運用妨害、ネットワークフィルターのバイパス、強制終了される脆弱性が報告された。

——————————————————————————–

【影響を受けるシステム】

•Apple Watch OS 1.0.0
——————————————————————————–

【対策方法】

Appleが公開する、Apple Watch OS 1.0.1に更新してください。