Microsoft 製品の脆弱性対策について

Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが 14 件公表されています。
これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御され、様々な被害が発生する可能性があります。

——————————————————————————–

【影響を受けるシステム】

攻撃コードが埋め込まれた Web ページをユーザが Internet Explorer で閲覧した場合、遠隔の第三者によって任意のコードを実行される可能性があります。


本脆弱性を悪用する細工されたパケットを処理することにより、任意のコードが実行される脆弱性が存在します。
——————————————————————————–

【対策方法】

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。