Microsoft Windows Server – 特権昇格の脆弱性

Microsoft 社の Windows Server に特権昇格の脆弱性が存在します。特権昇格の脆弱性が悪用された場合、ドメインの管理者権限(特権)を奪われる可能性があります。

特権を奪われた場合には、攻撃者がプログラムのインストール、管理者や他のユーザのデータを表示、変更、削除、または新たなアカウント作成などができるようになります。

——————————————————————————–

【影響を受けるシステム】
以下の Microsoft 製品が対象です。
 •Windows Server 2003
 •Windows Server 2008
 •Windows Server 2008 R2
 •Windows Server 2012
 •Windows Server 2012 R2
 •Server Core インストール オプション

——————————————————————————–

【対策方法】

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。