Adobe Flash Player – DoS 攻撃や任意のコードを実行される脆弱性

アドビシステムズ社の Adobe Flash Player に、ウェブを閲覧することで DoS 攻撃や任意のコード(命令)を実行される可能性がある脆弱性が存在します。

この脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりする可能性があります。

——————————————————————————–

【影響を受けるシステム】
次の Adobe 製品が対象です。
 •Adobe Flash Player 15.0.0.223 およびそれ以前のバージョン
 •Adobe Flash Player 13.0.0.252 およびそれ以前の 13.x のバージョン
 •Adobe Flash Player 11.2.202.418 およびそれ以前のバージョン (Linux版)

——————————————————————————–

【対策方法】

Adobe Flash Player の脆弱性は、公表後すぐに悪用される傾向があります。至急、修正プログラムを適用することを推奨します。
開発者が提供する情報をもとに修正プログラムを適用してください。