BSD 系 OS – サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

BSD 系の OS には、TCP セッションタイマーの処理に問題が存在し、サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。
悪意のある第三者が運用しているサーバから細工されたパケットを受けることで、クライアントのリソースが解放されない状態となります。結果として、影響を受けるシステムを利用しているクライアントがサービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受ける可能性があります。

——————————————————————————–

【影響を受けるシステム】
FreeBSD •FreeBSD : FreeBSD
NetBSD •NetBSD : NetBSD
OpenBSD •OpenBSD : OpenBSD

——————————————————————————–

【対策方法】

各 OS の開発者や配布元が提供する情報をもとにアップデートを行ってください。