大阪市立大- スペインで個人情報が流出

大阪市立大学は、同校の教員が、出張先のスペインで鞄の盗難に遭い、学生のべ277人分の個人情報を保存したハードディスクを盗まれたことを発表した。

同校の説明によると、工学研究科の講師がスペインに出張中、現地時間の9月20日22時30分ごろにマドリッドのカフェに立ち寄った際、15分ほど経ったところで足元へ置いていた鞄がなくなっていることに気付いたもの。

鞄にはノートPCやハードディスク、カメラ、パスポートなどが入っていたが、ハードディスクには、同教員が2013年から2014年に担当した8講義を受講した学生のべ277人の氏名や学籍番号、成績、レポート提出状況などを含むファイル及び、過去4年間に送受信したメールなどが入っていた。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23