タオル製造・販売のホットマン – ネットショップに不正アクセス、顧客情報が流出

タオルの製造、小売りをおこなっているホットマンは、今年4月末から6月はじめにかけてオンラインショプが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む顧客情報が流出していたことを発表した。

同社の説明では、6月2日に委託先よりクレジットカード情報が流出した可能性があるとの連絡を受け、決済を停止した上で調査を行ったところ、4月29日から6月4日にかけて不正アクセスを受けていたことが判明したもの。

4月30日の不正アクセスで、当時会員だった顧客の個人情報最大6万1008件が漏洩した。漏洩した個人情報は、氏名、住所、生年月日、メールアドレスなど。郵便またはファックス以外で申し込んだ顧客については、パスワードが被害に遭った。

また5月4日には、クレジットカード情報の窃取を目的とするウェブサイトの改ざんが発生。同日から6月2日にかけて、同ショップでクレジットカード決済に利用された560件のクレジットカード情報が奪われたおそれがある。窃取された情報は、クレジットカード名義、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれていた。また同期間にログインで用いられたメールアドレスとパスワード409件についても被害に遭った可能性があるとのこと。