大阪府立大学- 入学志願者、出願申請者の個人情報を流出

大阪府立大学は、入学志願者などの個人情報828件を流出したことを発表した。

同校の説明によると、羽曳野キャンパスの事務所において個人情報の入ったUSBメモリを紛失したもの。
紛失したUSBメモリには、2012年度から2014年度に実施した入学試験の志願者797人の氏名、住所、生年月日、出身校、合否情報のほか、大学院看護学研究科の出願資格認定審査の申請者31人の氏名、出身校、勤務先、研究実績などの個人情報が保存されていた。

職員が、USBメモリを使用しようとして紛失に気付いたもので、2日前にUSBメモリを施錠しないままデスクの引き出しに入れていた。