日本赤十字社医療センター- 患者の個人情報を流出

日本赤十字社医療センターは、患者38人の個人情報を流出したことを発表した。

同センターの説明によると、5月23日 同センターの産科医が院外で患者情報が含まれるUSBメモリを紛失したもの。
同USBメモリには学会発表用のデータが保存されており、同センターの産婦人科で出産した38人の氏名と年齢、ID、分娩に関する情報などが含まれていた。

学会発表用データは通常、氏名を記号化するなど個人が特定できないように処理しているが、今回紛失したデータはスライド作成前の未処理データのため匿名化がおこなわれていなかった。