楽天チケット- チケット販売サイトで顧客情報が流出

チケット販売サイト「楽天チケット」において、顧客の個人情報が、関係ない別の顧客に誤って表示される不具合が発生していたことを発表した。

同サイトを運営する楽天グループ会社のチケットスターによると、不具合は2月14日21時ごろから15日0時45分ごろにかけて発生したもの。

同サイトでチケットを購入したユーザーや、マイページおよび購入履歴確認画面にログインしたユーザーなどあわせて169人において、関係ない別の顧客情報が誤って表示されたもの。
誤表示された個人情報は、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど。

同社は、サーバメンテナンス時の作業ミスが原因と説明している。外部からの不正アクセスについては否定した。