大阪市- 生活保護受給世帯の個人情報を漏えい

大阪市は、生活保護受給世帯71件の個人情報が記載された訪問先リストを、嘱託職員が紛失したことを発表した。

同市の説明によると、11月11日、高齢者世帯の訪問を請け負っている嘱託職員が、訪問先リストが見当たらないことに気付いたもの。
訪問リストには、生活保護受給世帯71件の世帯主氏名と住所が記載されていた。

同職員は、前日10日に生活保護受給世帯を訪問しており、その際に訪問先リストを携帯しており、同職員は帰庁後、鞄の中を整理して、不要書類をシュレッダーで裁断処理しているため、その際に誤ってリストも処分した可能性が高いと説明している。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23