福井銀行- 全店舗で約8,000件の個人情報漏えい

福井銀行は、全店舗(95店舗)において、一部印鑑届が所在不明になっていることを発表した。

同行の説明によると、各営業店で保管していた印鑑届を、本部で一元的に保管するため、移行作業を行ったところ一部が所在不明となっていることが判明した。
所在不明となっている印鑑届は、同行の全店舗にあたる95店舗において、あわせて8032件。

印鑑届には、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、口座番号、勤務先、印影などが記載されていた。
同行では、印鑑届は営業店内で誤って廃棄した可能性が高いと説明している。