兵庫医科大学- メール誤送信で学生の個人情報流出

兵庫医科大学は、6年生40人の個人情報含むファイルを、1年生125人に誤ってメール送信したことを発表した。

同校の説明によると、10月14日、学務部 教務学生課に在籍する職員が、同業務を担当している職員宛に、「6年生の個人情報を含むファイル」を添付したメールを送信。その際、宛先の設定操作と確認を誤り、1年生への連絡用として使用している一斉送信用アドレスにも同報してしまった。添付ファイルにはパスワードが設定していなかった。

誤送信したファイルには、学生の氏名、性別、電話番号のほか、保護者の氏名、続柄、住所、電話番号などが含まれていた。