「思い出あんしん保管サービス」- 1年以上も個人情報が閲覧可能に

NTTコミュニケーションズは、同社が提供するビデオデジタル化サービスにおいて一部顧客情報が、1年以上にわたりインターネット経由で閲覧できる状態だったことを発表した。また、クラウドストレージサービス「マイポケット」のIDやパスワードも漏洩したおそれがあるという。

事故が判明したのは、VHSなどビデオテープに録画された映像を、デジタルデータに変換する同社の「思い出あんしん保管サービス」で、2013年6月20日から2014年7月18日にかけて申し込み手続きを行った最大378人分の登録データが閲覧可能な状態になっていた。

登録されていた情報には、氏名、住所、電話番号、メールアドレスのほか、同社のオンラインストレージサービス「マイポケット」のIDとパスワードなどが含まれており、暗号化されたクレジットカード情報2件も含まれていた。