昭和大学病院- 患者情報が保存されたパソコンが盗難

昭和大学病院は、患者21人の情報が保存されたパソコンが盗難に遭ったことを発表した。

同院の説明によると、7月15日夜から16日朝にかけて、同院の医局と研究室において、デスクトップパソコンが何者かによって持ち去られた。
盗まれたパソコンには、患者21人の個人情報が保存されており、うち18人については、氏名、診察券番号、性別、年齢のほか、手術日や手術部位、手術検査結果などが含まれていた。また、残り3人は氏名と診察券番号などが保存されていた。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23