岐阜県立本巣松陽高校- 生徒情報、家族情報が所在不明

岐阜県立本巣松陽高校は、生徒の個人情報が記載された「生徒理解カード」34人分が所在不明になっていることを発表した。

7月23日、1クラス34人分の「生徒理解カード」が保管場所に見当たらないことに担任の教諭が気付き、事故が発覚した。

「生徒理解カード」は、教育相談や緊急時の対応などのため、入学時に提出するカードで、生徒の氏名、住所、生年月日、顔写真、家族構成、友人関係、自宅付近の地図のほか、保護者の氏名や、勤務先、緊急連絡先などの情報が記載されていた。