十六銀行- 顧客情報記載の帳票約3000件を紛失

十六銀行は、、顧客情報が記載された帳票約3000件が所在不明になっていることを発表した。

同行の説明によると、東加納出張所において2013年6月から12月までに扱った「現金両替票」「支払金種別票」「税金・公共料金納付依頼書」などの取引の際に利用する補助帳票で、紛失した件数は、約3000件紛失したにのぼる。
補助帳票には、顧客の氏名、住所、電話番号、金額などが記載されていた。