大阪市水道局- 事務処理マニュアルの不備で個人情報5564件を紛失

大阪市水道局は、8営業所において個人情報が記載された申請書5564件を紛失したことを発表した。

紛失したのは、共同住宅全体の水道料金を管理会社へ一括請求できる共同住宅料金制度の適用を申請した書類。

1月17日、申請書の情報公開請求を受け、大宮営業所において申請書を確認したところ、紛失に気が付いた。
その後、全営業所で申請書の保管状況を点検したところ、同営業所を含む8営業所において、調査対象2万8816件のうち、あわせて5564件の所在がわからない状態となっていた。

同申請書には、申請者と管理責任者の氏名、住所、電話番号、印影のほか、共同住宅の所在地、名称、総戸数、入居戸数、入居者の氏名、印影、部屋番号などが記載されていた。

同水道局では、この申請書は各営業所でオンラインシステムに入力した後は年度別にファイリングして保管が義務付けられているが、事務処理マニュアルがなかったため誤って不要書類として扱い、ファイルごと廃棄していた可能性が高いと説明している。