四国労働金庫- 顧客情報記載の書類349件を紛失

四国労働金庫は、中村支店において、顧客情報が記載された財形貯蓄関連の書類349件を紛失していたことを発表した。

同金庫の説明によると、8月4日に同支店で実施された保管書類の確認で、2団体において2014年5月26日から6月6日の間と、同年6月30日から7月9日の間に受け付けた「財形貯蓄新規申込書金庫控」「財形貯蓄変更申込書金庫控」「財形貯蓄住所変更届」などの書類あわせて349件の紛失が判明した。

同金庫ではこれらの紛失書類について、不要書類とともに誤って廃棄したと説明している。