大分大学医学部付属病院- 患者の個人情報が流出

大分大学医学部付属病院は、患者の個人情報1万3286件が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることを発表した。

同病院の説明によると、病名などを含む患者情報を保存していたUSBメモリが、院内で所在不明となっているもの。
8月21日に職員が紛失していることに気付いた。

紛失したUSBメモリには、2003年以降に受診した1万3157人の氏名、住所、電話番号、検査項目、病名などのほか、臨床試験に協力した患者129人の氏名や検査結果などが保存されていた。