大阪府障害者自立相談支援センター- 研修案内メール誤送信で関係機関のアドレス流出

大阪府は、大阪府障害者自立相談支援センターにおいて、メールの誤送信により、関係機関のメールアドレス484件が流出したことを発表した。

府の説明によると、大阪府障害者自立相談支援センターが8月26日に、障害者入所施設31件、グループホーム運営法人144件、日中活動事業所329件に対し、研修案内メールを送信した際、受信者間でメールアドレスが確認できる状態でメールを誤送信したもの。

同月27日に、メールを受信した事業所からの指摘があり問題が判明した。