交通安全環境研究所- 講演会参加者の個人情報が漏洩

交通安全環境研究所は、同研究所のウェブサイトを通じて講演会などへ参加申し込みを行った関係者の個人情報が、インターネット経由で漏洩していたことを発表した。

同研究所の説明によると、8月15日から26日にかけて、2009年以降に同研究所が開催した講演会、フォーラム、シンポジウムなどにウェブサイトを介して申し込みを行った2477人分の登録情報が、インターネットにおいて閲覧可能となっていたもの。そのうち802人分については外部からアクセスを受けていた。
8月26日に外部からの指摘を受けて問題が判明した。

原因は、8月15日にウェブサイトの改修を行った際、ファイルの書き込み作業を誤ったことで閲覧可能な状態に陥ったもの。
登録されていた情報は、氏名や職業、企業または団体名、役職、電話番号、メールアドレスなどの個人情報で、シンポジウムの参加者は住所も含まれていた。

8月15日から26日にかけて、これらの情報がインターネットで検索可能となっており、一部の情報は外部からアクセスされていた。