九州大学- 個人情報を含むパソコンを紛失

九州大学は、同校大学院 システム情報科学研究院の教授が、学生や卒業生、研究者などの個人情報を含むパソコンを、出張先のスウェーデンで紛失したことを発表した。

同校の説明によると、同教授が 8月25日にスウェーデンで開催された国際会議において発表中、付近に置いていた鞄が持ち去られたもの。
鞄の中には大学が貸与したパソコンが入っており、パソコンに同教授が担当する3科目の講義を過去3年間に履修した学生、および卒業生約400人の氏名と点数、さらに国内外の大学、研究所、企業の研究者約300人の氏名と連絡先、送受信メールなどの個人情報が保存されていた。
パソコンのハードディスクは暗号化を行っていた。