聖稜リハビリテーション病院- 外来患者のカルテなどを紛失

聖稜リハビリテーション病院は、外来患者の一部カルテや診断書などを紛失したことを発表した。

同院の説明によると、8月に外来患者のカルテ4件の紛失が判明。そのため調査を行ったところ、カルテ46件と診断書などの記録129件が所在不明となっていることが判明したもの。

1月9日に保管期間を経過したカルテを廃棄しており、その際に誤って混入したと結論付けている。