キングジム- 出荷した名刺管理ツールに実際の名刺情報

キングジムは、自社が販売する名刺管理ツールにおいて、一部端末が実際の名刺情報を保存した状態で出荷していたことを発表した。

同社の説明によると、名刺をスキャンしてデジタル化し、データを保存する製品「ビズレージ(DNX100)」。8月29日に発売した製品で、出荷された39台に実際の名刺データが保存されていた。

名刺送りのテストを行った際、誤って実在する人物の名刺を使用。その名刺情報を消去せずに出荷してしまったもので、同社従業員が2007年から2008年ごろに名刺交換によって受け取った30人分の名刺情報が保存されており、名刺の画像、氏名、会社名、会社の所在地、電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。